やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

プレゼン力をつければ未来は開ける

f:id:naruzawan:20200211073036j:image

iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥博士とMITメディアラボの日本人所長の伊藤穰一氏の対談本。

 

中身はあまりなく、プレゼンで道が開けたよだからプレゼン力つけようねっていう話。

 

プレゼンする時はレーザーポインタはピタッと止めようね。

 

アメリカの弁護士ジョースミスの手を拭くのに紙タオル何枚必要かっていうTEDトークの例を挙げ、プレゼンが行動パターンを変えていく力になるよ。

 

ミーガンワシントンの吃音のエピソードではメッセージをクリアに伝える、自分の経験を飾らずに話す、ことの大切さをつたえる。

 

スライドでプレゼンするなら文字ばかり入れず写真動画を入れよう。

 

非常に当たり前のことです、文字だけで何かを表そうとしてブログを書いている私とは真逆ですね、やっぱり時代は動画なんでしょうね〜

 

あなたが伝えたいクリアなメッセージを体験のフィルターを通じて写真や動画で伝えることが未来を作る

 

この本で言いたいことはこれだけですが非常に難しいことであります。

 

毎日動画を作っているYouTuberってすごいエネルギーですよね、毎日伝えたいことあるんだもんね〜ってそんなに肩肘張らなくても良いんですかね。でも、どうでも良い動画なんてみんな見ないよね。

 

どうすれば自分の中からメッセージが出てくるのか、そこが一番大切なことなんじゃろうね。で、ブログの役割ですが、自分が伝えたいことを結晶化するためには日々の自分の経験をブログで書いていくのが一番良いのではないかと思う。

 

そうして、なんとなく毎日書いてきたことが溜まっていくと、どうやら自分はこんなことがいつも言いたいことなんだなって気づく。

 

そうしたら、それをテーマにしていろんな本を読んだりそのテーマに関連づいた経験を改めて思い出したり実際にやってみたりする。

 

そのときに写真をとり、動画も撮ってみる。

 

すると、メッセージが伝わりやすくなる。

 

山中教授や伊藤所長のような知の巨人(自分が大学生の頃の知の巨人はもう少しイカめしい、話しかけ難い顔をしていたが今の知の巨人は柔和なんですね。)には伝えたいことが毎日泉のように溢れてくるのでしょうが、市井の人にはそんな泉があるわけでもなく、淡々とした日常がある。

 

でも、そんな日常でもあなたというフィルターを通せば必ず一つくらいメッセージが出てくるよ、トライアンドエラーして行こう、っていうメッセージがこの本から出ている気がします。

サホロスキー場3回目

間に挟まる平日なんて有給にしちゃえばいいのだ。

 

そうして休みにした2月10日にサホロスキー場に3回目の滑走をしに行く。

 

風が強い。

 

奥様も帯同するもスキーはしないとのこと、ロッヂでのんびりしてもらう、サホロWiFiでwebサーフィン。

 

とても風が強い

f:id:naruzawan:20200210184450j:image

ご覧いただいてもわからないか。風速10メートルはある、地吹雪がすごい。このまま帰ろうかとも思うがひとまず握ったおにぎりを食べる。

 

吹雪いている間はお父さんだけリフトに乗って滑ってきた。

 

f:id:naruzawan:20200210184636j:image

 

風がない。

 

気持ちよく滑っていたらもと来たリフトとは違う場所に滑っていってしまった。ロッヂに戻るのに歩いて20分かかった…

 

それからは晴れになって風もやみ、子どもとそり滑り、そしてまたスキーをやりました。

初めてのリフトにのりご満悦のぼっちゃん。普通のリフトではなく、ロープにつながった凸を股に挟み引っ張られる感じのリフト。凸を股に挟んみながら中腰になりながら左膝の頭に子供の尻を乗せながら登るので結構きついけど楽しい。

 

子どももリフトが気に入ったようで何回ものりました。これが無料なのでとても良い。大人がちゃんと滑れれば子どもと一者にのれるのでオススメです。

 

おかげで疲れ果て、今日も晩飯はインデアンカレー象印横綱炊飯器を試すことはできなかった…

ファミレスの坦々麺に旨さを求めるのははじめからおかしいのだ

今日は作る気も失せるくらい疲れたので某ファミレスでご飯を食べることにした。

 

こどもはキッスプレートそして私は坦々麺に。

 

f:id:naruzawan:20200209183657j:image

なんか前も食べたような気がする、それでもうしばらくはいいかな、なんて思ってたんですが、子供が来たいというのでまあ、仕方ないかな近いし、っていう感じ。

 

子どもはキッズプレートをうまそうに食べる。

 

しかし私の坦々麺は、麺がかなり汁を吸っている状態でテーブルに来ました。

 

坦々麺のスープで麺を茹でてる感じのスープのドロドロさ、いい意味で濃厚とは言い難い感じのドロつき。それでもぺろっと食べます、ペロちゃんです。

 

ペロのおしごと

ペロのおしごと

 

 

この前来た時も坦々麺頼んだけど、やっぱり麺が伸びてる状態で来た!思い出した。

 

どうしてくれよう、これで750円するんだから!なか卯行ってタンタンうどんにすればよかた。

 

でもこどもは美味しそうにうどんを召し上がってます。

 

こどもだけならJAFの優待で安く食べれるからいいんだけどファミレスってドリンクバーやらなんやらつけてったらいつのまにかお金が当初予定していた金額よりも上回るんですよ。そのやり口が気に入らない。

 

初めからこの値段ですって決めてくれやと思う、オプションがメインを上回ることになってる感ないです?

 

ですから、基本的にはきたくないんですけどね…これで、ムムウって気持ちになって家帰るときに隕石落ちてきたらどうする?

 

ああこれが最後の食事だったなんて考えたらやっぱり嫌だなあと。

 

ファミレスに旨さを求めてはいけないのはわかっているものの、やっぱりもう少しおいしいもの食べたいなと思い、明日のおうちご飯を楽しみにするわけであります。明日には象印横綱炊飯器が届くのであります。