やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

人に質問する時の作法【考えてから聞け】

この記事をシェアする

広告

今日ですねパソコンの操作方法について電話で質問されてものすごく困りました。

 

このサイトに行って

ここをクリックして

ここをスクロールさせて

そしてら希望の画面が見れますよって言うだけなのに

 

質問してるのが

ジジイですね

 

全くパソコンを使えないジジイからの質問っていうのは、どこまでも初歩的なところまで遡って教えなくちゃいけないことがめっちゃ腹立つんですよね。

 

昔みたいにマウスパッドからマウスを離さないでマウスをテーブルの向こうまで持っていかないとカーソルが動かないヨォ

なんていう人は見当たらなくなったけど

 

一緒に同じ画面を表示してやりましょうねっていうんだけれども

使ってるブラウザは何か?っていうことを聞いても????になる

 

chromeとedgeだったら検索エンジンが違うだろうから検索結果が違う。

 

だから質問に回答する前に、そこから聞いておきたいけど、聞いても???になる。

 

なんとかそこは突破して、希望のサイトのトップページにたどり着きました。

 

じゃあ今度はそのサイト内の検索をするんだけども

 

はい、じゃあ表示されてるここの緑の四角のところをクリックしてください、次はここにチェック入れてください、最後に検索ボタン押してください

 

って、電話越しではあるけれどひとつひとつ画面を見て教えているにもかかわらず、検索結果がこっちと違う。

 

その時は絶対にこっちが指示してることと違うことしてるんだ。

余計なところにチェック入れたりしてるんだ。

 

もうね、おまえんちいってビンタしてやりたいって思う。行かないけど。

f:id:naruzawan:20200626144300j:image

 

こっちはパソコン教室じゃないんだから、

ネットの検索の仕方なんて教えてる暇は

ないんですよ。

 

でも、高齢者はなんでも教えてくれってなる。

質問する側の倫理というか、ゼロから教えっていうスタンスは赤ちゃんです。

 

でも高齢者に限らずこういう人は生まれながらにして、そんな質問しかできないようなクレクレ君的な生き方と教育で生きてきたんだろうなあと思う。

 

そんな人間には、子どもをさせたくないですね。

 

少しは自分で勉強しろよと。

本当にできない時にも、自分なりに考えてある程度の答えを持って聞いてこいよと思う。

 

田舎と都会の教育の格差って問題を思い起こしたよ。この本は名著です。