やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

心を癒し打たれ強くなるコツ

この記事をシェアする

広告

結論 書こう

とにかく書いています。

書くことで人生を変えていけます。

f:id:naruzawan:20200910053907j:plain

嫌なことやつらいこと

不安なことや心配なことは

どんどん書いていきましょう

ジャーナリング、だとかエクスプレッシブライティングとかいう方法です

こちらの本が有名です

小生も毎日書いてます。

ノートに書き溜めていますが死んだ後見られたらいやなのですぐ捨ててます。

 

方法 書くだけ

初めは5分から始めましょう

ペンを止めないでひたすら書いていくだけです。

考えないでひたすら書く。

文法や言葉遣いなんかも気にしないでひたすら書いていきます。

消しゴムも使わないでひたすら書きます。

普段からブログをかいている人ならキーボードを使いたいと思うかもしれませんが

私は万年筆を使うといいと思っています。

消せないし、ずっとインクが出続けますよね。

個人的感想ですが、キーボードだと思考や感情の表面的な部分しか吐き出せない気がしています。

腱鞘炎の方はキーボードでよろしいかと。

自分のなかで書き味のいいペンを探してみてください。

 

効果 就職率アップ?

先ほどのペネベーカー教授の本によれば

知的労働者の失業者のグループを2つに分けて

5日間くらい20分のライティングをさせたグループとそうでないグループとで

就職率が2.5倍違ったという報告がありますが

これは「知的労働者に」というところがポイント

 

肉体労働者にペンを持たせても効果はないということなのかもしれません

だいたい自分の字すらうまく書けないような人を相手にしていると

自分の気持ちを5分間かくこともできないだろうと思ってしまいます。

 

他の効果としてはやはり心がすっきりしていくということです

レジリエンスもあがるようですが

何より自分の気持ちが整理されるということが大事ですね

 

注意点 書くテーマに注意

人によりけりだとは思いますが

過去のネガティブなことを延々と書き連ねていくと

吐き出すどころか強化されていくようです

毎日毎日愚痴を書くのはやめたほうがいいでしょうね

 

 

先ほどの就職率がアップした人たちに書かせたテーマも

「これからのキャリアデザイン」というテーマで書かせていたようですから

仕事してパチンコして動画見て寝るを繰り返すような人には書けないテーマですね。

テーマも慎重に考える必要があります

 

なにもテーマを与えないで書かせると

大方の人は過去の愚痴を書きます

ですから、このセラピーを実施する側としては

テーマ選定とテーマの言葉遣いには注意したほうがいいと思います。

 

セルフワークでやるときも

未来のいいビジョンを描けるようなテーマを用いましょう。

 

書くテーマのおすすめ

これからの自分

夢がかなった自分の1日

今まで出会ってきた人への感謝

親への感謝

世界大統領になった時の世界をどうしたいかという演説

今までで一番影響をうけた良い出来事

自分の子供に伝えたい言葉と伝えたくない言葉

 

などなどポジティブに未来をクリエイトできるテーマを選んでいきましょう

とっかかりは過去の愚痴でもいいですがそれだけだと鬱屈しますから

1日目だけは、これまでに起きた嫌なこと、人への憎しみを書き連ねましょう。