やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

公認心理士になります

この記事をシェアする

広告

公認心理士のオンライン現任者講習が日曜日から始まる。

 

楽天ポイントをポイント運用して出た利益で

公認心理士の現任者講習テキストを購入。

f:id:naruzawan:20201016052818j:image

ただで購入できるくらい

運用益が上がっていたのでとても良かった。

投資は誰かに頼むのが1番ですね。

 

この現任者講習を受ければ直ちに公認心理士になれるわけではなく、試験を受けなければならない。

 

キャリアコンサルティング試験のような実技試験がないのが良い。

実技試験なんて嘘と演技とクライアント役の人間の相性で決まるからわたしには合わなかった。

 

その点公認心理士は筆記試験のみだからしっかり準備できるので良い。

 

で、公認心理士になってどうしたいかというと、相談相手を安心させたいという気持ちがあります。

 

公認心理士になってすぐ相手を癒したり悟らせたりすることなどできるわけもないのですが、

 

クライアントが『この人は公認心理士の人だから安心して話せる』って思ってもらえることが大切なのです。

 

コーチングもそうなんですが、まずは相手が安心して話せる環境作りをするっていうところからスタートします。いくら質問がうまくても相手が心を開いてくれないと話せません。

 

公認心理士になって「箔をつけて」いればクライアントも私のアドバイスとか素直に聞き入れてくれるでしょうし、私のアドバイスが「効果がある」と思い込んでくれる。

 

こういうのってプラセボが大切ですから、プラセボ 偽薬ですね。

 

人って、情報によって体調も心の状態も変わりますから、朝の占いとかもそうですよね、乙女座12位!とかになると絶望して出勤しますよね。そんなもんです。情報によっていくらでも人間は変えられるんです。

 

その情報ソースが確かなものになればさらに信頼する、そしてプラセボの効果が増すのです。

 

野口英世先生がくださった薬なんだからこれを飲めば治る!

と思った患者さんのその薬は、実はただの砂糖玉であったとしても、治っちゃうんです。

 

ですので公認心理士になって箔がついた私のアドバイスなら、信じていただいて、コーチングの効果も増すのです。

 

ま、あとキャリアコンサルタントの資格も有ればさらに箔がつくので取れたらいいなとは思うんですが、あの忌々しい実技試験がね…