やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

【就活・転職】志望動機ない人が面接でうまく答えるコツ

この記事をシェアする

広告

面接担当「志望動機に興味はない」

 面接担当に聞きましたが

 志望動機で減点することはあっても加点することはあまりない。

 

 何か気の利いたことを考えて言おうとしても

 面接官の心にはあまり残らないのです。

 逆に変に言うことでコイツ、ウソついてんじゃないの?

 とか、どっかのサイトから切り取ってきたことを話してること

 取り繕ってしゃべってることが透けて見えるそうです。

 

f:id:naruzawan:20201021060329j:plain

 「うちの会社の事、ちゃんと勉強してるな」って思うのは

 最低限の必要条件であり、十分条件ではないのです

 面接官も「面接必勝法」とかの本とかWEBサイトをよく見てるんです。

社員「志望理由なんて別になかった」

 従業員の方とも話す機会がたくさんあるので

 入社の経緯をいろいろ聞いてみると、大抵の人がこう答えます。

 

 興味のある会社ではないし、今も興味はない。

 家から近かったし、まあそんなに仕事も大変じゃないって聞いたし。

 今その会社で働いている従業員の方も

 応募しようと考えるきっかけは大した理由ではないのです。

 

志望動機の最高の答え

 でも志望理由を考えずに面接に臨んでいいわけないですよね。

 だけど「会社のHPやパンフレットを読んで共感しました」

 は、うそでしょ?本当にそうなの?と疑われる。

 疑われるまで行かなくても、ほぼスルーされる。

 

 ですからこれしかないんです

 インターン・職場見学・体験をさせてもらったら

 すごく(環境・人間関係・仕事内容・社風)が良くて

 こちらで働きたいと思った。

 

 プラスして新卒の人なら、

 御社のHPにある企業理念が働く人たちに浸透していると

 インターン・体験・見学で感じ取れた

 と言うことを付け加えれば志望動機は完璧です。

  

f:id:naruzawan:20201021061448j:plain

興味を持った「経緯」を話す

 ですから、企業研究などももちろんしたほうがいいでしょうが

 頭で考えるのはほどほどにしましょう。

 

 体験しにいく、見学しにいく、インターンがあれば行く。

 そうして現場を見て聞いて感じた結果を伝えることです。

f:id:naruzawan:20201021061622j:plain

 でも、それができない時はどうするか。

 人づてで聞いて興味を持ったと話せば良いのです。

 

 二次体験を話すのです。

 学校のキャリアアドバイザーの人から聞いた

 転職コンサルの人から聞いた、

 先生から聞いた、

 先輩から聞いた、

 以前勤めていた人から聞いた。

 「正直、初めは興味ありませんでしたが、

  そういう話を聞くうちにどんどん興味を持ち

  御社のHPを拝見すると・・・」

 という経緯を話せばいいのです。

 

 以下にケースごとの考え方を書いておきます

 

今までと同じ職種・業界を希望する時の答え方

 これしかありません 

 

「評判がいい(環境・人間関係の風通し・子育て世代にも優しい)と

 

 ○○から聞きまして、なにかのご縁かなと思いまして志望しました。」

 

 日本では「前いたところよりもお給料がいいので」というのは

 心で思っていても

 あまり前面に出さないほうがいいですね

 

未経験の業界・職種を希望する時の答え方

 未経験の人もその会社にたくさん入社しています。

 

 新卒は全員未経験者。

 インターンに行こう、「企業理念に共感」はプラス要素

 

 転職の場合も見学・体験ができれば行くこと。

 

 できなければ「ご縁」からの「HP拝見」だと言う

 

志望理由が自分の都合ばかりの時の答え方

 自分の都合ばかりを直接言いうのはいい気がしません

 

 「家から近くて、休みが多そうなので選びました」は0点。

 

 「(福利厚生・残業なし・環境がいい)と○○から聞きまして

  興味を持ちました。」

  からの

 「そして御社のHPを見ると・・」で加点要素。

 

f:id:naruzawan:20201021061806j:plain

 できるだけ専門家から聞いたほうがいいでしょう。

 

 

志望動機の結論

 インターン・見学・体験をしよう

 できないときは実際に働いている人から話を聞こう

 それもできないときは「〇〇から評判を聞いて興味を持ちました」