やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

【シーズン2も開始】マンダロリアンが面白すぎる

この記事をシェアする

広告

ディズニープラスに700円払ってよかった

700円でこんないいドラマを見られるなんて

最近はほんとにドラマとか見なくて

人の話についていけなくて

ついていけなくても別にいいやって

思っていたんですが

これは見ておくべきですね。

f:id:naruzawan:20201114061804j:image

賞金稼ぎっていう一匹狼の話ってのが自分が理想とする生き方だよなあっていう感じで

 

今まで各話で出てきた仲間たちと再会し

チームになって戦い

そして別れていく

 

孤独に見えてしっかり繋がっている

 

冷酷なマスクのように見えるが

じつは人間味のあるマンドー

 

しっかりスターウォーズの世界観、しかもエピソード4〜6の世界観をしっかり踏襲しているからいいですね。

 

なぜ、帝国の残党がチビちゃんを狙っているのか、まだまだ伏線は回収されてないからシーズン2も楽しみです。

 

しつこく話しますが、やっぱり世界ってのはトップレベルのジェダイとシスの戦いだけでなくて

それぞれの人たちの間には葛藤があり過去がありドラマがあるんですよね、ジェダイからしたら雑魚に見える奴らの中でも鎬を削るバトルはあるんです。

 

シーズン1最終話でようやく最後の装備をつけて戦うとこもいいですね、この監督はほんとにスターウォーズをわかってるね。

 

今後は自分の信念とマンドロリアンの教義が葛藤を起こすことになるのかな、自分の信念とマンダロリアンの精神に従って生きるのがサムライですね。

 

新渡戸稲造の武士道を読んで日本文化を完全に吸収してるんじゃないかと思われる。

 

武士道 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ2)

武士道 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ2)

  • 作者:新渡戸稲造
  • 発売日: 2012/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

もうね完全に時代劇ですね。

そして日本の時代劇ドラマの単純さをはるかに飛び越えて、サムライという生き物の精神をこれだけ描き切っている作品は現代の日本の映画ドラマには皆無であります。

 

黒澤明監督の作品群に若干垣間見られるものを抽出して味のある演出を加えて、これだけいい作品をスターウォーズの作品として作れるのは素晴らしいです。

 

サムライフィクション=SFです。

 

次は新たなジェダイやシスの芽が出てくるのかな。

 

もう3話目までシーズン2が配信されていますので一気に見ようかじっくり見ようか、とにかくディズニープラスに入ればいいんです!