やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

人はなりたいものになれるわけじゃない

この記事をシェアする

昨日の天職の話の続き

山田五郎先生のyoutubeチャンネルがとても面白くずっと見ちゃいます


www.youtube.com

ミレーの落穂拾いの話で

農民画家として有名なミレーは別に

農民画家になりたくて

なったわけじゃないって話があって

時代の流れに翻弄されるのは

 

いつの時代でもあって

なるほどねって思った

 

自分のやりたいことと

世間から求められることの

折衷案が落穂拾いであったということ

 

画家としてのミレーは

絵を描くということはできていたとしても

「自分の描きたい」絵を描くということまでは実現できていなかった

 

だからね、天職の話に戻るんだけどもね

結局

「自分のやりたいこと」っていう

恐ろしい概念が社会や世間に

蔓延っているせいで

こういう本が売れちゃったりするんだけど

先日書評を書いて

優秀賞を作者からいただきまして

作者とお話しできる権利を得ました

 

シカトしましたけど

 

何で喜ばれるかなんて

自分じゃ決められないんですよね

 

ですからまずは自分が喜ぶことをすればいい

それを人に見せてみて

喜ばれるかどうか

それが貴方の天職であって

f:id:naruzawan:20210422142808j:image

自分の中から湧き出てくる天職なんて

絶対にないから

 

やりたいこと=天職 ではないということを

常に頭に入れておかないといけない

 

どうも一般的に天職っていうのが

苦労しないで楽にできてお金になることだという解釈がある

 

それは間違いだろう

情熱を傾けることは苦労も伴うし

犠牲も伴うことがある

 

天職は華々しい物ではないのだ

使命は茨の道なのかもしれないのだ

 

それを踏まえないと

人生をやりたいこと、自己理解探しの沼に入って出れなくなりますから。

 

繰り返します

まずは自分が喜ぶこと

これだけしていればいいのです

 

それが他人に喜ばれるか

喜んでもらえるものにするかどうかは

貴方の行動にかかっている

 

向き不向きはある

適性、不適性はある

 

でも絵を描くことは誰にでもできる

趣味の段階です

今ならそれを他人に見てもらうことは

とても簡単

 

自分が喜ぶことで他人も喜ばせられるか

 

そこで天職に変わるのです