やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

【ひきこもるあなたへ】長い目で見てるから大丈夫

この記事をシェアする

広告

いつもありがとうございます、
アドセンスで収益が出ております、
お陰でお小遣いが賄えております。
ありがとうございます。

今日は、研修会ということで ひきこもりの理解と対応について講義を聞いてきた。
中二病の世界的権威、カイロ•レン

IMG_6633

ひきこもりは精神病とは関連つけられないけど、精神病的症状を具有していることを否定しづらい

そらそうだろうな

やっぱりさ、あるもん。大体のひきこもりさんには

そういう症状はついて離れないでしょう

講師の先生だって強迫性障害だと見立てして長年関わっていた人が
結局統合失調症だったっていうオチでしたもん

だからね、ひきこもりはほぼ何らかの精神病的な何かに呪われているんだと思って差し支えない

それに対しては薬物治療というアプローチで関わるのがほぼ正解

コーチングやカウンセリングで対処するには時間がかかりすぎる

講師の先生だって7年かかってるんだからさ

信頼がベースにあるとWHYで聞くことができるってセンセは言ってたけど

結局、信頼されていると思って

「あなた社会不安障害があるんじゃないかって私は思うから一度病院に見てもらたらいいんじゃないか」

とアイ・メッセージで聞いても

「いや俺は障害なんて持ってねえ!」ってラポール切り離されてるんだからさ

講師のセンセも言ってることとやってることがあまり上手くかみ合ってないみたいで大変ですね

京アニの人もそうだけど、大体のひきこもりは統合が失調してるんだと思います。残念ながら。

今の社会に馴染めないっていうだけで、社会がひっくり返ったら
すごく上手く生きられるようになるのかも知れない。

で、自分が困ってないで家族が困ってんだよね、困っている人が誰か、よく考えていかないとね。

技法としてSFA、解決志向アプローチを使っているというけど、
ブリーフセラピーの代表格であるSFA
長期間時間のかかるひきこもり対策に使うってのは???と思います。

わたしなら、大丈夫だから、と一緒にいてあげて、くだらない話とか本人と趣味の話をして過ごす日々を共有していくっていう方法をとります。そしたら自然に外に出たくなります。

まあ、研修と言いつつ、大した話ではありませんでした、早く帰れてよかったです。

お読みくださりありがとうございました

ブログランキングに参加しております

応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村