やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

【ビトン?バーバリ?ブルガリ?】財布・名刺入れを買い換えたい理由

この記事をシェアする

広告

いつもありがとうございます、
アドセンスで収益が出ております、
お陰でお小遣いが賄えております。ありがとうございます。

なんかこう、小さな宇宙の中で生きていると

他人の目なんて気にしないものになってくるんですが

けれど、いったん他の世界に入ると自分のみすぼらしさっていうのに

辟易してしまう

きょう、ある会社を訪問した時に、事業部長さんが名刺を出したときに使っていた名刺入れが

ヴィトンの名刺入れ だったんです



この時点で、こっちの負け感が増幅する

こっちはノーブランドのやっすい名刺入れ 上司にいたっては素で名刺を出すっていう

上司のスーツもよれよれ、じぶんのスーツもお世辞にも良いスーツではない。

そうして、別世界に住むひとのスーツや財布や名刺入れを見ると

ちょっと、自分も、見栄えのいい名刺入れを買っておいたほうが
一生ものになるからいいんだろうなと思い始めてきた。

そういえば財布もまだ新調してない。

財布の値段×200が自分の年収になるんだ

その話はこれ

それが本当の話かどうかは分からないんだけど、ま、財布もボロボロっになっているから

買い替えの時期かもね、年収1000万は欲しいから5万円の財布を買おうかな。

そうするとやっぱりヴィトンの財布とかなのかな。
ブランド物の財布ってどんなのがあるかわからない。

ブランドものじゃなくても、いい値段するものがいいっていう考えもあるけど

でもね、ヴィトンっていうデザインを相手に見せるっていう
その行為の意味を重要視したいんだ。

マウントを取るってわけじゃないんだけど、そんなことで引け目を感じたくないってのはあるんだ。

だから、お!って思われるようなブランドの財布、名刺入れを武器として装備しておきたい。

そうじゃなくても自信の持てる自分でありたい。

お読みくださりありがとうございました

ブログランキングに参加しております

応援よろしくお願いいたします

北海道ランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村