やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

札幌駅北口 まぜそば専門店 麺や 太郎

この記事をシェアする

広告

本日は、台湾まぜめんのご紹介です。
札幌駅北口にあるまぜそば専門店「まぜめん専門店 麺や太郎」です。
居酒屋鳥太郎の系列店、セカンドブランドというのでしょうか。
北海道銀行が入っているビルの地下1階。そこには、いろいろな居酒屋さんが入っており、中でも「鳥太郎」にはしばしば通っていたこともあり、楽しみに入店しました。

入り口には油そば、汁なしタンタンメン、台湾まぜめん、汁なし酸辣湯麺の汁なしメニューが
貼られていました。
IMG_2021

閉店間際に行ったからでしょうか、店内は居酒屋の喧噪とは無縁の空間でした。でも、締めのラーメンを食べに来る人はたくさんいるでしょうね。

IMG_2024


席は20席ほど(カウンター12席、4人席テーブル×1 2人席テーブル×2)でした。ちょうどいいサイズ感のお店です。お箸は鳥太郎のものを使っていました。
閉店間際だったからでしょうか、券売機にはお釣りの小銭が入っておらず、1000円を入れられない状態、マスターに頼んで小銭を補充してもらいました。小銭も鳥太郎に行ってもらってきていました。台湾まぜめん(780円)をオーダー。孤独のグルメを見ながら待つこと10分程で、やってきました。魚粉、ひき肉生卵に生ネギ生ニラひさびさのまぜめんのフォルムにうっとり。
別の店ではさらにマヨネーズがテーブルに備え付けられていたりもしますが、この店にはマヨはありませんでした。

IMG_2025

麺を食べ終わった後にご飯を入れて汁を堪能する「追い飯」が無料でついてきます。通常追い飯はレンゲに一杯くらいご飯が乗るくらいですが、閉店間際だからでしょうか、お茶碗一杯に盛られてきました。ニンニク付きです。
早速どんぶりをかき混ぜてカオス状態にします。生にら、生ネギがダイナミックに融合します。

IMG_2027
混ざった後の麺。締めの一杯としてはうってつけ(私はノンアルコールですが)の汁が、がっちりと絡んでいます。
ずるずるとすするとパンチがきいていて、濃くて濃くてうまい。たまにはそんなガツンとした味がストレス社会に打ちひしがれている我が身を癒してくれるのです。
最後にご飯を投入して、にんにくをたっぷりかけていただきます。罪深い味です、まだ明日は仕事があるのにこんなににんにくを投入してもよいのでしょうか。しかしうまいんだからしょうがないです。
帰ったら奥さんに臭いと怒られました。

土日祝日が休みなのはつらいところですが、札駅周辺でまぜ麺の店はあまりないので、ぜひ行ってみてください。

★今日行った味な店

まぜそば専門店 麺や太郎


札幌市北区北7条西2-20 東京建物札幌ビル B1F

011-736-5535

営業時間

11:30~16:00 17:00~21:30


定休日

土曜日・日曜日・祝日