やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

アドラーの言う勇気づけの本質

この記事をシェアする

広告

よく、あなたのままでいいんだよ
いまのあなたを認めて許してあげて

と、いったりいわれたりすると思うんです。

でも、そういう存在の肯定を“いまの自分を認めてしまう''ことと捉えてしまうい、"現状で満足しろ"という意味に捉えてしまうと、途端にやる気をなくしてしまいます。なんだ、認めるってのは現状維持させ思考停止させる言葉なのかと思っちゃったりしますが、そうではないのです。

向上しようとする積極的精神=宇宙的意思があなたの中にあるんだ、ということに気づいてもらうことなのだ。

そうだよね、もともとあなたにはもっと〜したいっていう気持ちがあるもんね。

ということです。

頑張れ、もっと頑張れ、っていうことも勇気づけることかとは思うんですが、あなたにはできるリソースがすでにあるんですよと気づいてもらうということもまた、パワフルな勇気づけなんです。

これをアドラー原理主義者の野田俊作は山の上のダムの比喩で表現します。

山の上にはすでにたくさんの水が流れようとしているんだ。たくさんの水があることに山は気づいてないんだ。この水を流してやるのが勇気づけなんだ。お前にはたくさんの水が溜まってるんだよ。そういうことなんだ。

やっとわかった。

これを普段のコミュニケーションで使おう。あなたにはできるリソースがすでにあったんだね、と言ってみよう。

IMG_2609


ブログランキングに参加しております
応援よろしくお願いいたします

自己啓発ランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 疲れたサラリーマンへ
にほんブログ村