やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

自転車が新しくなった日

この記事をシェアする

広告

ぼっちゃんが2歳から乗っていた自転車が

小さくなったのでじいちゃんが新しい自転車を買ってくれた。

 

これが今まで乗っていた自転車

ピープルの自転車で後ろに大人が操作できる長い補助棒が付いている。

もうとっくの昔に外していたけど。

f:id:naruzawan:20200704200741j:image

タイヤは12インチで2歳から6歳まで乗れるということになっていたがさすがにもう小さい。

次の自転車は16インチにした。

イオンで買ったのだが、2万くらいした。

トイザラスで買うほうが安いのがてにはいるかもしれない。

f:id:naruzawan:20200704201108j:image

重量は9キロ。今までよりも軽く感じるらしい。

大きさはちょうどよく、スイスイ進めて快適なようだが、ブレーキがうまく効かない。

 

握るところがまだぼっちゃんの手に余る。

f:id:naruzawan:20200704201648j:image

ブレーキの握りを手に合うように狭くする

f:id:naruzawan:20200704201747j:image

六角レンチをいれる穴がある、これをねじ込むとブレーキとグリップの間隔が狭まる

これがねじ込む前

f:id:naruzawan:20200704202422j:image

少しねじ込むとブレーキのところが少し浮く
f:id:naruzawan:20200704202418j:image

そうすると握りやすくはなるが、ブレーキが硬くなる。結局少し握ってる状態をデフォルトにするだけだから。

なので、この状態から軽く握ってもきちんと前輪にブレーキがかかるようにしたい。

少し勉強しよう。

 

初めの自転車にはたくさんの思い出があります。

お父さんとぼっちゃんが補助棒で繋がれていたし、いつも一緒に走り回っていたから。

 

ま、これからも一緒に走って行きたいと思うけど、補助棒を押してのんびり歩くっていうことはなくなるからね、なんだかね。

 

子供との思い出はなんでもそうなんですが、大きくなるのは嬉しいと同時に、なんかこう、寂しさというか切なさというか、これが子どもと歩む人生なんだなあって、感じます。

 

新しい自転車で、公園を駆け回るぼっちゃんを見てそんな気持ちになりました。