やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

【ディズニープラス】マンダロリアンを今更絶賛する【少しネタバレあり】

この記事をシェアする

広告

ディズニープラスに加入してみました

 

 

子どもがカーズが好きで

レンタルしなくてもいつでもみられるように

 

いざ入ってみると

ディズニーのアニメだけ見られるわけでなく

 

マーベルやスターウォーズなんかも観られる!

なんて素敵なんでしょう

 

これで月700円ですから最高です

 

そういうことでスターウォーズを見ようと

思ったらテレビシリーズのマンダロリアンも

見れるって分かったので

ヒャッハーという感じなのです。

 

まだシーズン1の4話までしかみてないですけど

 

これはもう時代劇ですね

 

もう、ネタバレになってしまいますけど

チビのヨーダを助けるっていうのは

子連れ狼?なんだろうかね。

 

自分自身も孤児だった主人公が

マンダロリアンとして生きてく中で

帝国の残党の賞金首となったチビヨーダを見て

自分自身と重ね合わせて

孤児に対して慈しみの念があるっていうのは

単なる賞金稼ぎではなくちゃんと背景に

そうした伏線があるからなんだと

理解できます。

 

そして4話は完全に七人の侍?ですよね。

 

そもそもスターウォーズが隠し砦の三悪人を

モチーフとして作られているから

黒澤作品へのオマージュというか

日本の文化に対する敬意というものが

垣間見れるのがとてもいいですよね。

 

そして、ローグワンも

私とても好きな作品なんですけど

 

なんかこう

本編とは関係ない人たちの話がとても好きで

 

その世界に生きてる人たちは

全て善か悪かで割り切れるものでもないし

光と闇の戦い、ジェダイとシスの戦いだけ

じゃないんだと思える

世界の広さ

奥行きの深さがとても好きなんです。

 

マンダロリアンも賞金稼ぎではあるけれど、単なる金目的ならヨーダはすぐに殺されてますよね。でも助けた。

 

そこにはマンダロリアンとして、孤児だった主人公の信念みたいなものが見えてきます。そこには善悪ではなく何を信じているか、どんな信念があるかっていう話なんですよね。

 

ジェダイとシスの話ならどちらかがバランスを取るっていう話に落ち着くんだけど

そうでない人たちの話っていうのは

人間味あふれる話になっていくんですよね。

人間って割り切れない存在だから。

 

だからマンダロリアンは

新三部作なんかよりもずっと好きです。

 

ぜひディズニープラスに入って

みたらいいです、それだけの価値はあると思う。

f:id:naruzawan:20201110142735j:image

あとアベンジャーズも観れるのが最高ですね。

 

週末の夜中に沢山観られると思うと

まだ生きててもいいかなと思ます。

 

ぜひどうぞ!