やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

【子供の入院2】患者に寄り添わない医者から学ぶ

この記事をシェアする

検査が無事終わりました。

f:id:naruzawan:20201125042007j:image

検査結果はまた後日にあるということなんで

結果待ちなんですが

 

ここの病院、というか主治医の加藤という医者

 

最悪です

 

社会人としての礼儀がない

 

挨拶をしない

 

大部屋だけどもこちらの部屋に入る時には

 

失礼しますっていうでしょ普通

 

この検査自体そんなに危険性のないものだと

医者はわかっているとしても

 

こちらは非常に不安になっているんだからきちんと説明して不安を和らげることが医者としてすべきのところ

 

嫌なら辞めても構いませんよっていう言い方をされる。

 

MRIに関する同意書を書いてもらう時にも

 

こちらは鎮静されることに不安があるっていうのに、その話を全く聞かず

 

はいはい書いてくださいっていう感じ

 

こんなところに預けるんじゃなかったと

若干後悔

 

結果聞いて治療となった場合でも

 

この病院では

 

治療はさせません

 

あんな対応の医者に診てもらうのは

 

子供よりも親がストレスです

 

加藤晶という医者です

 

若いのかわからないけど最低限のマナーと患者に寄り添うということを知らない医者は医者とは言えません。

 

私もこれからはちゃんと一人一人の不安に寄り添った対応、話し方をするように気をつけないとなと改めて思いました。