やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

良い枕・タオル枕・どれがいい?

この記事をシェアする

広告

世の中にはいろいろあるもので、寝るだけで頸椎が楽になり、体が楽になる枕、というものがあるらしい。

 

THE MAKURAというものです。

 

 

この枕は疲労回復協会の熊谷剛さんが考案して特許を取得した枕です。

 

わずか3分寝るだけで、上がらなかった方が上がるようになる?47人の整体師よりこの枕の方が効果があった?睡眠中に整体されてるような感覚?などというような宣伝がこの枕の広告ページには記載されています。


【寝るだけ整体】けんこう枕(旧:元気まくら) prezented by 熟睡生活

 

そんなわけなかろうと。整体師さんにやってもらった方が効果があるに決まっているではないかと思いますが。何基準で勝負して買ったのかもあまりよくわからないし。

 

それでも、いい枕なんでしょうね、33000円もするんですから。33000円もするから効果があるに違いないというプラシーボ効果の方が、枕そのものの機能がもたらす効果よりも優っているのではないと疑ってしまいます。

 

買いたいなあと思ったんだけれども、この熊谷先生が出されている本の中で、バスタオルで作る枕の本があります。

 

 

わずか10分 『寝るだけ整体』

わずか10分 『寝るだけ整体』

  • 作者:熊谷 剛
  • 出版社/メーカー: 海拓舎出版
  • 発売日: 2014/06/24
  • メディア: 単行本
 

 

じゃあタオル枕で良くない?って思いまして、作ってみようと思います。

 

健康法オタクなので、もう、この手のタオル枕を何回作っていることでしょう。中学生くらいの頃から、タオル枕ブームが何回も訪れては過ぎ去り、訪れては過ぎ去りを繰り返していて、ブームが定着することは今までございませんでした。

 

ですから、今回も今までと同じく、2、3週間使って「ベツに今までの枕でもいいじゃん」って思うに違いないんです。

 

でも、せっかくの人生なので試してみたいとは思います。

今まではタオル一枚を巻いて寝てただけなんですが、今回はタオル三枚を使い、二枚はくるくる巻いて棒状にし一枚はその某になったタオルの上からかける、という具合にします。

 

理屈によると、肩と頸椎が支えられていないとダメみたいなので、肩にタオルが乗っかるようにして、タオルに支えてもらおうと思います。

 

果たしてどうなることやら・・・