やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

ドレスコーズ志磨遼平のラジオがとても良かった

この記事をシェアする

広告

TOKYO FMで27:30から28:00で放送された

ドレスコーズ志磨遼平のラジオ』

 

今年でメジャーデビュー10周年を迎えたドレスコーズ 志磨遼平が、まるで自宅にいるかのような気軽な気持ちで夜な夜な“だだ喋り”。
好きなレコードをかけたり本の話をしたり、時には誰かが遊びにきたり。1K・12畳の部屋から届ける期間限定のラジオです。

 

番組ホームページより引用

 

非常に質の高いラジオ番組でした。

 

深夜に聞くラジオってこうだよなあ、って言う感じで、イヤホンをはめながら、深夜から朝焼け間近の街を歩きながら聴くにはぴったりの番組。

 

ひたすら語る、彼の音楽の趣味、感性、この時代と向き合っているリアルな音楽家の言葉が30分に凝縮されていた。文筆家?でもある彼の言葉は、なんかこう、他と違う。

 

紹介される曲も秀逸

f:id:naruzawan:20200501042233j:image

なかでも今回は

CHARLES WRIGHT & THE WATTS 103RD STREET RHYTHM BAND の

LOVE LANDが良かった

 

これをチョイスするの志磨さんのセンスがとてもいい。

ファンクの名盤を知ってる人に悪い人はいない。

 

深夜ラジオって、TBSやニッポン放送のお笑い系も面白いけど、音楽家が語るラジオは深夜に聞くに限る、ひとり歩きながら夜に。

 

自分に語ってる感覚があるのがラジオの存在意義。電波はみんなと繋がってるんだけど、なんかこう、自分とだけ繋がっているような感覚、ネットとは違う接続感がある。

 

是非聴いてみてください。期間限定らしいので。