やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

多和田葉子さんのインタビューを見る

この記事をシェアする

広告

テレビでドイツのハンブルク在住の作家

多和田葉子さんのインタビューを見ました。

f:id:naruzawan:20200512214656j:image

ドイツでもまだ規制が厳しいようです。

 

そんな中で国の動きにはよく注意しないと足元を掬われると、警戒のメッセージを送っています。


f:id:naruzawan:20200512214646j:image

そして文学の役割を語ってます。
f:id:naruzawan:20200512214703j:image

この人の言葉にはとても力があるように感じた。

 

次のノーベル文学賞の候補者とも目される多和田さん、1993年にすでに犬婿入り芥川賞をとってるんですね、そして谷崎潤一郎賞坪内逍遥賞と、日本の賞は総なめしてる感じだ。

 

ドイツ語で書いた作品もドイツ語を母国語としない作家を対象とするドイツの芥川賞的な立ち位置のシャミッソー賞や、ドイツ語と国際文化で貢献した外国人に対する賞であるゲーテ・メダルももらっている偉大な作家さんです。

 

あまり小説は読まないわたしも彼女の作品群をあらいざらい読みたいなと感じました。

 

早速Amazonで取り寄せてみたいと思います。

 

 

献灯使 (講談社文庫)

献灯使 (講談社文庫)

 
星に仄めかされて

星に仄めかされて

 
百年の散歩 (新潮文庫)

百年の散歩 (新潮文庫)

 
地球にちりばめられて

地球にちりばめられて

 
雪の練習生 (新潮文庫)

雪の練習生 (新潮文庫)

 
言葉と歩く日記 (岩波新書)

言葉と歩く日記 (岩波新書)

 
犬婿入り (講談社文庫)

犬婿入り (講談社文庫)

 
旅をする裸の眼 (講談社文庫)

旅をする裸の眼 (講談社文庫)