やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

それでもFAXが稼ぐのに有効なツールである理由

この記事をシェアする

河野太郎さんがFAXを霞ヶ関の全省庁で廃止するという通知を出したそうです

f:id:naruzawan:20210616211757j:plain

クシャおじさん

mainichi.jp

お役所なんかは必要はないでしょうね。

文書でのやりとりが基本ですから

来たメールは全部必ず目を通すでしょうし

送受信の方法がメールであろうと

FAXであろうと関係ないですね。

 

ただ、民間はどうでしょうか?

IT関連企業だとFAXでのやりとりなんて基本してないと思いますが

 

私の住んでいるような田舎だとまだまだアナログです

 

FAXがメインで使われているようで

 

逆にメールだと、変なダイレクトメールばかりがきて

会社の人は読まないことの方が多いらしく

 

この間メール送らせていただいたんですが、というと?

え?またまた〜

と言われて

結局相手先の会社の

 

迷惑メールフォルダに入っているっていうことが多々あります。

 

メール送りましたけどご覧いただいてますか

っていうことを伝えないと見てくれない

っていう現象がまだまだ田舎ではあるんです。

 

FAXでも結局同じなんですが

FAXだと受信した紙をまず見てくれるんですね

一瞥はしてくれる。

 

ここがポイントで

開封率ってのが非常に高いんですね。

見ないでそのままポイする事がほぼない。

 

ですから、営業ツールとしてのFAXはまだまだ捨てきれないという

現実が田舎にはあります。

日本の大部分はまだ田舎ですから

官公庁はいざ知らず、民間企業からFAXが廃止になるのはまだまだ先の話でしょう。

 

電話番号を登録しておいて、一斉にFAX送信するものはまだ営業ツールとして非常に有効です

 田舎でのビジネスならこういうのを備えておくべきですね。

うちが今まさにそうで。

 一斉にばら撒くとレスポンスが早くてとても効果あります。

尤も、そこにやはりライティングの力がないとポイされちゃうことになるから

ライティングのスキルってとても大切です。

だからこそ勉強して実践して身につけることが成功への第一歩なのです。

 

 あとクロネコ屋の有料コンテンツなんかもとってもいいですね。

私は買ってませんが、クロネコ屋のtwitterとかフォローして文章まねてたら

そのうち上手くなります。

 

文書力身につければ、A4用紙1枚のFAXで稼げます。

 

 

※本日の記事を少しでも喜んでいただけたら

ブログ村ランキングにご協力いただけると嬉しいです!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村