やりたいことをやるだけさ

育児、コーチング、自己啓発、アドセンス、やりたいことをやるだけさ

NY州の司法試験は日本の行政書士試験より易しいのにそんな試験にねえ・・・

この記事をシェアする

激戦のブログ村ランキング、光栄なことに本日◯位です!

ポチッとしていただくとモチベーションが上がります

よろしくおねがいします
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

NY州の弁護士っていうのは

日本でいう司法書士と行政書士を足したような資格で

年に二回試験があり、合格者も7000人

合格率は70%から80%

 

アメリカ法曹協会は

2017年にニューヨーク州に177,035人の弁護士がおり

わずか10年で20.4パーセント増加したと述べています。

 

ニューヨークの人口は841万人

つまり人口の2%が弁護士だっていうこと

 

日本で800万人都市は大阪

大阪の弁護士の数は大阪弁護士会の所属する人数が4700人

全然人数が違うね

 

日本全体でも弁護士会の所属人数が

41000人なんだから

 

ニューヨーク州の弁護士が

いかになりやすいものかが分かる

そんな試験に落ちるようでは恥ずかしいよね

 

易しい試験だけど

ニューヨーク-ジャージーシティ-ホワイトプレーンズのような大都市圏は

2017年に弁護士が働いた国で最も賃金の高い大都市圏であり

年間平均賃金は175,340ドルです。年収2000万弱だってこと

 

すごいよね

行政書士より難易度低いのに年収は2000万いくんだからね

アメリカ行って働いた方がいいんじゃないかな

f:id:naruzawan:20211030193524j:plain

 

 

有料note絶賛発売中!

note.com


人気ブログランキング